おすすめ観光地

【日本一短い川】いつでも空いてるぞ!ぶつぶつ川は和歌山の穴場観光スポット!【那智勝浦町】

 

・和歌山県で誰も知らない穴場観光地はないかなぁ

・いつ行っても人がいないおすすめ観光スポットに行きたい

 

こんな情報を探している人におすすめの穴場観光スポットを紹介します。

 

日本一短い二級河川【ぶつぶつ川】の全貌

 

和歌山県串本町~新宮市辺りの観光やドライブを計画している方におすすめな観光スポットが日本一短い二級河川のぶつぶつ川です。

 

那智勝浦町粉白を流れる粉白川(このしろがわと読みます)に注ぎ込むたった13.5メートルしかない川ぶつぶつ川です。

右端にある看板の奥底から湧き出ているようです

 

反対側に目を向けるとこんな感じ

 

合流後は、粉白川として海に注ぎ込んでいきます。

 

ね、短いでしょ(笑)

 

日本一短い川【ぶつぶつ川】の由来

 

ぶつぶつ川は、沸々(フツフツ)と清水が湧き出ていることから、昔はふつふつ川と呼ばれていたそうですが、いつの頃からか、「ふつふつ」が訛って「ぶつぶつ」となり、今日に至るようです。

 

長さは13.5メートル、平成20年10月21日に二級河川として法指定を受けたことで、日本一短い川(二級河川)となっています。

 

逆に日本一長い二級河川も和歌山県にある日高川です。つまり、和歌山県内に日本一短い二級河川と日本一長い二級河川が存在していることになります。すごいぞ、和歌山。

 

二級河川とは?

 

二級河川ってワードはたまに聞いたり、「近所の川も二級河川だよ」という方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、以下の通り疑問をまとめてみました。

 

・二級河川とは、どういうものなのか?

・一級河川とどう違うの?

 

これを超簡単にまとめてみると、、、

要点まとめ

・一級河川とは

国土保全上または国民経済上、特に重要な水系で政令で指定されたものを「一級水系」と呼び、そのうち河川法による管理の必要があり、国土交通大臣が指定(区間を限定)した河川が「一級河川」

 

・二級河川とは

一級水系以外の水系で、公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で、河川法による管理の必要があり、都道府県知事が指定(区間を限定)した河川が「二級河川」

となります。つまり、「川が国民の生活に影響を及ぼす規模感と、指定および管理者が誰か?」という違いですね。

 

図で見るとこんな感じ。

(出所:国土交通省)

 

ちなみに平成30年4月30日現在、一級河川は14,066河川(水系としては109水系)、二級河川は7,081河川が指定されています。

 

ぶつぶつ川の場所と行き方

 

ぶつぶつ川は大阪から車で約3時間半の那智勝浦町粉白にあります。

 

もう少し拡大した地図。

 

まずは国道42号線を串本町→那智勝浦町へ向けて走ります。那智勝浦町に入った辺りで右側に玉ノ浦海水浴場が見えてきます。

 

玉ノ浦海水浴場が見えたら、JR紀勢本線の踏切に向かって側道を降ります。←ここ重要ポイントです。見逃さないように。側道を降りたら、そのまま踏切を渡って細い道を進みます。

 

この手前の小さな橋を渡ると左に折れる道があります(ちなみに右側に玉ノ浦海水浴場が見えます)。

 

左に曲がるとすぐにぶつぶつ川に到着です。駐車スペースは乗用車1台くらい。もし止めにくければ、玉ノ浦海水浴場の方にもスペースがあります。

 

この階段を下りれば、ぶつぶつ川に出ます。ちなみにこの階段の両側は桜の木だと思うので、春は花見の穴場にもなると思います。

 

桜の下の日当たりの良いところで花見ができそう

 

湧き水とあってとても澄んだ清流です

 

串本~那智勝浦方面へ観光される方は、ぜひお立ち寄りいただき、日本で一番短い二級河川のせせらぎに癒されてみてください。話のネタやインスタには最適の観光地ですよ。